• Instagram Social Icon

​mysize@modelheel-japan.com

​092-287-5480

© 2019 ModelHeel Japan

25.5〜27cm

今までハイヒールを諦めていた貴方に

エレガントにセクシーに

​人生を闊歩する1足を。

初めまして!

Modelheel-Japanの遠矢です。

足のサイズ27センチ、身長172センチの靴のサイズが無い靴好きです。

 

幼少期から足が大きく、小学6年生で上履きはLサイズ。

綺麗な靴が欲しくて欲しくて木を彫刻刀で削って靴を作って遊んでいました。

中学生の時にはBIGFOOTと呼ばれたことも。

就職活動の時にはパンプスが無かったので紳士のローファーで面接に。

苦くて恥ずかしい思い出です。

職歴は栄養士から始まり、その後靴に近づくためにダンサー兼 靴のバイヤー、着物屋で販売員とお針子からのリメイク部門、セレクトショップ店長、百貨店の婦人靴店員、そしてインソールのデザイン会社を起こしました。

が、やはりどうしてもハイヒールが作りたくて!!

会社を一度お休みさせ、靴とバックのリペアショップに転職。

靴を磨いて削って解体し分析をし、良い靴の作りをひたすら研究。

一年半の勉強をさせて頂き、この度ModelHeel-Japanをデビューする運びとなりました。

私の靴へのこだわりは第一に履き心地です。

ハイヒールは重心が前のめりになる為足裏に負荷がかかります。

ModelHeel-Japanは一番負荷のかかる足の原部分に2枚の種類の違うクッションを使用しております。

また、高級靴といえば革底ですが、私はあえてラバーソールを使用しております。

理由は革底は日本の風土に合わず非常に滑りやすいこと、足裏への更なるクッション性、踏み出す時の柔軟さを求めてです。

そして美しさ。

求める美しさを引き出すために理想の工場を探し、木型の製作に8ヶ月、靴のパーツ全てにミリ単位で何度も調整をし、大きいけれど大きく見えない理想の1足を作るのに7ヶ月。

約1年半かけてやっと完成いたしました。

 

またModelHeel-Japanは日本製です。

熟練の職人さんの細やかな技術が凝縮された1足です。

無茶な要望を何とか形にしようとご尽力いただきました事、ここに感謝いたします。

私の靴の悩みからスタートしますModelHeel-Japan.

この一足が貴方の笑顔の源になりますように。

それが私の喜びです。​

代表取締役/デザイナー

遠矢都与子